別居中の浮気は不貞になるのか

夫婦が別居状態であっても、離婚をしていない限りは夫婦という扱いになります。
そんな別居中に浮気をした場合、不貞になるのか、慰謝料の請求が可能なのかを知りたいという人のために解説していきます。

別居中で浮気をする前から夫婦関係が破綻していた場合

すでに別居している期間が長く、浮気をする前から夫婦関係が破綻状態であった場合には、不貞とみなされないことが多いでしょう。
もちろん慰謝料の請求を行っても、認められない可能性が高いです。
また、浮気相手に対して、離婚をするために話し合いをしているなどと告げていた場合も、すでに夫婦関係は破綻していると言えるでしょう。
既婚者であることを知っていて、肉体関係を伴った交際をしているかどうかもポイントになるのですが、離婚の話を進めていると言われた場合には、やはり不貞にはならないと判断されるのが一般的です。

一時的に別居中で浮気をした場合には不貞となるケースが多い

例えば夫婦喧嘩をしてしまい、売り言葉に買い言葉で一時的に別居する人もいるでしょう。
別居中でもまだ期間が短く、夫婦関係が破綻している状態ではないのであれば、浮気をすると不貞とみなされることも多くなります。
特に浮気相手が既婚者と知りながら肉体関係を伴った場合には、不貞となるのが一般的です。
ただし、浮気相手に独身だと嘘をついていた、結婚していることを告げていなかった場合には、浮気相手に慰謝料を請求するのは難しくなります。
不貞となるかどうかは、浮気相手の認識と夫婦の関係がどういう状態であったのかが重要です。
浮気が原因で別居した場合には、不貞とみなされて慰謝料を請求できることが多いでしょう。

別居中である理由と浮気相手の認識が重要

不貞とみなされるかどうかは、別居中である理由が重要になります。
また、浮気相手の認識によって、慰謝料を請求できるかどうかも決まってきます。
別居中の理由や浮気相手の認識などは、きちんと証明できなければ慰謝料の請求が難しくなるので、まずは専門家に相談をすることから始めましょう。