別れさせ屋と探偵事務所の違いとは

別れさせ屋を名乗るところでは探偵事務所を名乗っているところもありますが、厳密に言うと両者は違うということも念頭において依頼をするほうがよさそうです。

どのような違いがあるのかを説明していきたいと思います。

■別れさせ屋と探偵事務所が行う業務では同じような内容もある

一般的な探偵業務を行う時には、登録申請が必要です。

尾行や張り込み、人からの聞き込みなどを使って他人を調べる業務、その結果依頼人から報酬をもらう業務を行う時には、探偵業登録が必要となりますが、探偵事務所の看板を掲げている別れさせ屋の場合は、この登録を申請していることになります。

それは別れさせ屋の業務の中に、事前の調査などで探偵事務所が行う業務と同じような内容が含まれるからです。

例えば別れさせ屋の方でも、尾行によってターゲットとなる対象者を調べたり、行動パターンを把握する業務があります。

それらの行為を行って報酬を得るために、探偵事務所と同じく事前に探偵業登録をしているケースがあるのです。

さらに登録をしていることで、別れさせ屋と同時進行で探偵と似たような業務も行っている別れさせ屋もあります。

■大きな業務内容での違いとは

別れさせ屋の業務と一般的な探偵事務所の業務の中での大きな違いとしては、別れさせ工作のサービスを探偵事務所では一緒に行っていくことはないということです。

エリアによっては、探偵事務所が所属する協会などで、そのような工作を行うことを自主規制するルールもあります。

別れさせ工作という行為自体が場合によっては、公序良俗のルールに反して違法行為となることもありますし、時には犯罪に該当してしまう可能性があるという見解を、探偵事務所業界の方では持っていますので、一線を引いている訳です。

このように探偵は別れさせることに特化した別れさせ屋と同じ行動をとっているわけではないことを理解した上で、適切な依頼先を選ぶことが大切です。

別れさせ屋と探偵事務所は同じような業者だと思われる方もいますが、業務内容においては大きな違いがあります。

探偵事務所の看板を掲げている別れさせ屋があったとしても、業務の違いを理解して依頼をすることが大切です。